賃貸物件で、家賃は月末次の月の家賃を支払うことになり、契約のときは翌月分の家賃と当月分の家賃を日割りで支払う

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸で家賃のことについて

関東ではおもに敷金に当たるのが敷引きで一般的に関東より関西のほうが毎月の賃貸の家賃はやすいですが、完済はこの敷引きの習慣によって関東よりも初期費用が高くなりがちです。そして、敷引きは退出時に敷金から差し引かれる金額で、主に差し引かれた費用はリフォームなどに充当されます。そして大抵設定される敷引きは2〜4か月分が多いです。そして通常家賃は月末に次の月の家賃を支払っていきますが、契約のときは翌月分の家賃と当月分の家賃を日割りで支払っていくことになります。

場合によっては当月分の日割り家賃をサービスしてくれることもありますが、そこはあなたの交渉次第で、前家賃と合わせると最大約2か月分の支払となります。そしてアパートなどであまり見られないですが、マンションタイプや分譲マンションタイプとなればエレベーターや通路の電気代など共用部分の維持管理のために貸主に毎月支払っていく費用として管理費が発生します。そして、そのほかに管理費は保守点検費や管理人の人件費に当てられます。そして物件の中には管理費などを込みで紹介しているところもありますが、エレベーターがあるときはまず間違いなく保守管理のために管理費がかかります。

オススメワード