近年、持ち家だけでなく賃貸を住処にする人々も増えてきました。賃貸と持ち家それぞれのメリットについて書きました。

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸と持ち家のメリットとは

時代の移り変わりに伴い、近年では持ち家ではなく賃貸に住み続ける人々も増えてきました。賃貸と持ち家のそれぞれのメリットはどのような点なのか挙げていきたいと思います。まず賃貸は大家さんから借りて住む物件のことですが、自分の家ではないためいずれ返さないといけない一方で、住む家を自分の意思で替えることができるといった点があります。なので転勤族の人にとっては自分の都合で住処を他に移すことができるといった点でメリットとなると思います。また、持ち家ではないため住宅ローンを払う必要がなく、住宅ローンよりも安い金額の家賃を払えば良いので経済的な面で助かるといった点があります。

持ち家はその名の通り、自分で購入した住宅のことであり住宅ローンや維持費を払わなければなりませんが、その一方で住宅ローンの支払いが終わればローンを払う必要がなくなるといった事や住宅ローン控除を受けられるため所得税の支払いを減額することができるといった点があります。また、自分の好きなように家を改築したりすることができるため、世界に1つだけの自分の住宅を建てることもできるうえ、住宅は財産となるため将来子供に譲ることのできるといった点もあります。

家族構成や仕事など状況によって人それぞれ違ってくるでしょうが、賃貸か持ち家か将来の設計プランを考えることは大切だと思うので、考えてみられてはいかがでしょうか。