賃貸マンションで通気口から入ってくる冷気が不快で通気口を締めてしまうことで、空気が澱むことになる

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸マンションの通気口

当時社会問題化していたシックハウス対策で、2003年の県市く基準法の快晴で住宅の24時間換気義務付けられています。そして住宅で2時間住宅の空気がほとんど入れ替わる程度の換気を24時間計画的に行ってくださいと言ったことで24時間換気を計画的にしていくには、それ以前に多く見られていた窓やドアを開けていくことで換気をしていく自然換気では不可となります。そして冬場この通気口から直接入ってくる冷気が不快で通気口をしめてしまう方いますが、本来通気口はそこから入ってくる空気が人に当たらない位置に設けてみればいいですが、設計の段階でそこまでしっかり検証されていないケースが多いです。

そして、春先に中国から飛んでくる黄砂などやスギ花粉のアレルギーがある方は、その季節に吸気口を開けられないことがあります。そして昔の家屋と比べて現在の賃貸マンションは気密性が高くなっていて、隙間風はほとんど入りませんしたがって、通気口を締めてしまえば空気が入ってこないので、排気も行われず、24時間換気のスイッチを入れても既定の換気量が取れないことがあります。そうなれば室内の空気が澱んでシックハウスの原因となる化学物質が排出されないで、室内に結露が発生しやすくなるでしょう。