不動産屋から見せられる賃貸情報には、マンションやアパートの記載があり、この分け方は不動産屋によって全く異なる

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸物件情報のアパートとマンションの分け方

不動産屋から見せられる物件情報でマンションやアパーの記載がありますが、このアパートとマンションの分け方について、疑問に思ったことはないでしょうか。実は不動産屋によってこのアパートとマンションお分け方は全く異なり、つまり同じ物件でも不動産屋によってはそれを賃貸アパートという方もいればマンションという方もいます。ではマンションとは具体的にどういった構造のことを言うのでしょう。一般的にマンションは鉄筋コンクリート造、または鉄骨鉄筋コンクリート造のことを言い、そしてアパートは3回以下で鉄筋、鉄骨鉄筋以外で造られた、木造や鉄骨、重量鉄骨の建物のことを差していますが、実際は不動産屋によってこの定義はあいまいですから困ったものです。ある不動産屋に言わせると、鉄骨や重量鉄骨もマンションだと言えっていることもあります。方が多いでしょう。

さすがに木造建てをマンションと表記するような不動産屋はあまりいないでしょうが、さすがにそこまで行くと定義もあったものではないです。もちろんマンションと表記するには理由があり、イメージ的にアパートよりマンションのほうが任意で、客付きがいいからです。そして、確かにアパートとマンションの条件が同じでどちらをとるかと聞かれるともちろんマンションだといった方が多いです。

オススメワード