賃貸物件選びの賢い家賃交渉を知ることはとても大事で、交渉によって礼金を下げられるようになる

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸物件選びの賢い家賃交渉で

実際物件の内見をしてもしも気に入った物件があると今度は申し込みや家賃交渉になります。そして人気の物件や賃貸物件の動きが早い2月〜3月だと家賃交渉がむずかしですが、それ以外の時期ならば多少は交渉をすることもできます。そして目的のお部屋が空き部屋になって半年以上もたつような物件は交渉次第で敷金や礼金はもちろん賃料も大幅に安くなることがあります。例えば、礼金2という物件内容があると、間違いなく礼金1に下げられるでしょう。そして家賃についても2千円〜3千円程度交渉によってはそれ以上下げることもできます。

そして、もちろんそれは交渉次第です。大家としては所有する物件にできるだけ空は作りなくはなく、このときどちらが不利かというと、当然大家のほうでどうしても貸したいといった不利な状況になりますから、それを利用しない手はないです。また明らかに常識はずれな値引き交渉をするのはだめですが、空いている期間が長いほど、かなり融通が利くと言って間違いないです。そしてたとえばエアコンがついていない物件があれば、入居していることを条件にお願いしてみたりするなど、具体的な条件を出す時はすむことを決めたといった前提で、お願いしていく必要があります。

オススメワード