賃貸では1Rと1Kで迷う方が多い一人暮らしのお部屋探しですが、それぞれの間取りでどう暮らしがわかるのかわかる

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸で狭さをうまく活用する

一人暮らしの場合の1Rの良さは生活空間すべてを自分でプロデュースできる所でしょう。そしてキッチンも玄関も全て見通せて、一本芯のとおったコーディネートが行えます。そして仕切りがないので、ガラガラ、バタンと言った開け閉めの生活音が立たないこともメリットです。そして家賃も1Kより安めの設定のところが多く、まずは最初の一人暮らしは1Rと言った方もたくさんいます。そして1Kの賃貸物件で一人暮らしをするメリットは断然部屋の使い分けで、狭いながらもキッチンにもいろいろ桶、キッチン用品や職愛が増えやすい自炊派なら圧倒的に1Kが便利です。

そして、生活空間と調理空間を分けてみることで、調理時の臭いが居室にこもらないので、先週やいたさんまのにおいがしてといったことや、お好み焼きを焼いたらずっとソースのにおいがするといったこともないです。そしてキチンスペースが4.5畳までの広さのお部屋を1Kといいますが、一人暮らしであれば、これだけの広さがあれば十分でしょう。そして独断でよければ1Kを推しますが、部屋とキッチンに仕切りがついているのは防犯上安心でき、単純にくつろぐスペースとキッチン、トイレを分けて過ごした方が家っぽくていいでしょう。

オススメワード