賃貸マンションで愛着があって長く住んでいきたいとき、更新手数料がありますが、家賃の交渉をしてみましょう

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸で家賃交渉をしてみる

賃貸マンションやパート、愛着が会って長く済みたいときに必ず更新手数料は厄介だと思います。そうした時に更新手数料の涙をのむ代わりに家賃の交渉をしてみるといいでしょう。そしてすんだ後でも家賃は下がるのかと言えば、答えは下がります。そしてまずは交渉の下準備として周辺の物件を調べてください。そして具体的に周辺地域の似たような物件の家賃相場を調べてみます。それでもし築年数の観点からさらに安い物件があれば占めたもので、物件の価値は下がり始めているサインで、物件の価値は変化していくものといったつもりで自分が損していないかしっかりチェックしてください。そして実は同じぐらいの家賃の時でもチャンスがあります。

あなたが今住んでいるお部屋を更新しないと言ったことは、新しい入居者を探さなければならない、お部屋をクリーニング、場合によっては修繕しなければならないということで、逆に言えば更新をしてもらえる時は。書類手続きの手間ぐらいしかからず、さらに更新費用まで手に入ることになります。そして大家さんにとってお得なことしかないでしょう。そして大家さんとしてはなるべく同じ人に長くいてもらいたいです。だからこそ、退去時にかかってくる費用が発生しないことなどを丁寧に提示して、月間家賃を下げてもらえないかと話し合ってみる価値があります。

オススメワード