賃貸の特約事項は貸主が決めたルールで法律で定められていないルールであり、この条件はのんでほしいといった希望

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

賃貸の特約事項は確認しておく

特約事項は賃貸契約の時に借主が決めたルールに当たり、淀帆常識から逸脱しておらず、さらに法律で定められていないがこの条件はのんでほしといった貸主の希望を特約事項といいます。そして特約に関して借主は納得いかなければサインをしないことができ、例をあげればペットは虫であってもダメや、タバコを吸ったら敷金は全額修繕費にあてることや、備え付けのエアコンや給油器が壊れていれば自費で直して行くことなどです。この特約に同意すれば法で定められていないようなルールでも納得したといったことになり、退去時やトラブル時は特約に沿って対応しなくてはいけなくなります。

くれぐれも特約はしっかり納得してから同意しましょう。そして退去の時に予告をしてからいつまでの家賃を払う必要があるかは物件によって異なり、一般的に解約は1か月前に通知ではないでしょうか。もしも契約書に3か月前までに予告と書いてあれば、実際そんなに早めに物件を決めるのはむずかしく、そこも見直してもらいます。どうせ3か月なんて書いてあっても実際は1か月ぐらいなんとかなるとたかくくっていれば二重家賃を取られてしまうことがあります。そして解約予告の方法も大事で、電話で済むか通知を郵便で出すかをチェックしておきましょう。