不動産を賃貸する場合に重要なのが賃貸契約書の内容確認です。確認すべきポイントをまとめてみました。

新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近
新婚夫婦に人気の賃貸は駅近

不動産を賃貸する場合に賃貸契約書はここを見る

不動産賃貸の契約後にこんなはずではなかったということになる前に賃貸契約書において確認しておくべきポイントをまとめましたので順を追ってみておきましょう。まず契約期間を確認し、更新に備えて必要となる手続きと更新費用などについて確認しておきます。次に賃料の金額はもちろん、管理費用や駐輪代、駐車場代などの支払いについて、その期日や支払方法を確認します。敷金ですが、金額と返還される場合の手続きやそのタイミングなどを見ておきます。敷金は原則として借主が賃貸物件に損傷などを与えて原状回復が必要でない場合や通常の使用の範囲内での設備劣化が発生している場合は返還されることになっています。ただ、その原状回復費用についてはトラブルも多く、その確認方法がどのようなタイミングでどのように実施され、確認の範囲がどこまでかを予めしっかりと把握しておく必要があります。

次に現行の法律では不動産取引において反社会勢力排除の目的から、借主または貸主、あるいはその双方が反社会勢力に該当する場合は、契約解除条項を契約書に盛り込むことになっています。それらの条項がきちんと契約書内に入っているかを確認しましょう。

さらに禁止条項についての確認も重要です。例えば、ペットの室内飼育などについての可否やペット可の場合にその大きさや頭数などの制限を設けているところもあります。契約解除をする際の解除条項について借主側からのものと貸主側からのものがありますので見ておきましょう。最後に冒頭でも触れた原状回復の取り決めとその実施方法について把握しておくと同時に、契約に特記事項などが含まれていないかも確認する必要があります。

オススメワード